クロストーーク

自己紹介をお願いします

藤田
2020年中途入社の藤田です。計量事業部の西日本エリアを担当しております。趣味は野球で草野球をしています
久保田
2021年新卒入社の久保田です。同じく西日本エリアを担当しております。趣味はフットサルです。

普段はどんな仕事をしているんですか?

藤田
計量事業部では、お客様の要望に沿って自動で粉や液体の重さを計量する装置の提案営業をしています。
久保田
例えば、パンを作るとき小麦粉、塩、水、イースト菌などレシピ通りに計量しないと美味しいパンはできませんよね? 世の中の製品には必ずレシピがあり、製造工場では必ず計量作業が行われています。 もし計量作業を人で行なっている場合、作業者は数十kgから数百kgの計量作業を毎日行なっています。昨今の人手不足や作業者の高齢化、作業環境の改善などお客様が計量場所で抱えている悩みや課題に対して、お客様の要望に沿った自動計量装置の提案営業をしています。
藤田
食品だけでなく、化学、化粧品、電池など、粉や液体を使用するあらゆる業界にオーダーメイドの製品を提案しているので他の部署の営業方法と違うのが特徴です。
久保田
お客様も皆さんがよく聞いたことのあるような大手メーカーさんが多いのも計量事業部の特徴ですね。
藤田
営業と聞くと売込みやルート販売をイメージすると思いますが、計量事業部はお客様から問い合わせを受けて、打合せをすることが多いです。
久保田
なのでHPや電話からの問合せから対応することが多いですよね。
藤田
そうだね!お客様がいま何に困っているかなどヒアリング能力は上がっていると感じるね。

職場の雰囲気は?

藤田
会社全体的な雰囲気として相談しやすいなと思います。私はよく社内を駆け回り、色んな方に相談して助けてもらっています。
久保田
確かに!僕と久保田さんは文系出身なので、お客様からの専門的な質問に対して、頭を抱えたりすることが多いのですが、営業の先輩はもちろん、設計・製造など別部署の先輩方も分かりやすく丁寧に教えてくれるので、日々感謝しています。

出張ってどんな感じなんですか?

藤田
計量事業部は西日本と東日本に大まかに分かれているだけでエリア担当はありません。出張も近畿圏で日帰りの時もあれば地方へ泊まりで行くときもあるね。
久保田
まずお客様がいまどんな作業をされているか、どんなことをしたいのか確認するために、最近はお客様とWeb会議をしています。その後商談が進んでいくとお客様の工場へ出張に行き、打合せをすることもあります。なので毎週出張へ行くというよりは案件があれば出張に行くので、社内で事務処理をする週もあります。
藤田
前職では別業界のルート営業をしていたので毎日朝から夕方まで営業に回っていたけど、この会社入って営業に回らない週もあるのが最初すごい違和感を感じたな(笑)
久保田
私も配属される前は毎日営業に出るものだと思っていましたが社内にいる時間もあって驚きました。ただ、お客様の工場に行くまでに時間がたくさんかかるお客様が多いので、本当に必要な時だけ出張に行くことになって、効率的に時間を使ってるなと感じますね。

働きやすいな、と感じる時はありますか?

久保田
有給が比較的自由に取れるのは良いところですね。女性は細かい体調不良等もあると思いますが、午前だけ休みを取ったりできるので安心です。
藤田
僕も小さい子供がいるので平日に休みを取って、日帰り旅行に行ったりして気分をリフレッシュしてます。
久保田
連休前に上司から休みを取るのか確認してくれるので、休みを取りやすい雰囲気で助かります!

最後に

藤田
前職は別業界の営業をしていて、注文取ってなんぼという仕事だったけど、計量営業はお客さんの困っている課題に対して、設計・製造と連携してお客さんへ提案営業を行なっているので前職と営業方法が全く違うのでとてもやりがいを感じています。
久保田
粉体計量というマニアックな業界なので、聞いたことのない言葉が多くありますが、分からない場合は先輩方に聞くと優しく教えてくれます。毎日勉強をしている感じです!これからも成長していきたいと思います。