LoRa無線機
多機能4点モデル
HLR-A4C4
形式:HLR-A4C4

NEW
LoRa無線機の無料通信確認サービスをスタートしました。
↓こちらから簡単にお申込みすることができます↓
LoRa変換器通信確認サービス

↓信号変換器を仕様から選定するなら↓

hakaru.jp/measurement_spec/signal_converter/

 

本装置は、4点のアナログ入力に加え、4点の接点入力を1台で行うことができ、無線通信又は有線通信にて上位システムにデータ伝送を行うことができます。

無線通信には、IoT向け無線技術の一つであるLoRa(※)を使用します。
※ 本装置は、LoRa Private で利用します。

特徴

LoRa無線機システム構成図

●4点の接点入力が可能(ON/OFF 状態監視と回数カウント)

●1点の接点出力(無電圧a 接点。機械式リレー)を搭載。

●無線(LoRa)又は有線(RS-485:Modbus)の通信にてデータ伝送が可能。

●本装置へ接続するセンサへの電源供給(DC5V またはDC24V)が可能。

●外出しアンテナの装着も可能。

仕様

アナログ入力定格DC0~20mA 入力抵抗10Ω
DC0~10V 入力インピーダンス20kΩ以上
アナログ入力点数4点(チャンネル間絶縁)
接点入力仕様無電圧接点、オープンコレクタ入力
接点入力点数4点(コモン共通)
接点出力仕様無電圧リレーa接点
接点出力容量(定格負荷)AC250V 5A、DC30V 5A、DC100V 0.5A
無線通信周波数920MHz帯
無線通信変調方式LoRa変調(スペクトラム拡散)
無線通信最大転送速度約537bps
無線通信受信感度-137dBm
最大通信距離見通し約5㎞
(※2.3㎜板厚で盤間距離見通し約1.5㎞当社検証)
有線通信インターフェースRS-485準拠
有線伝送速度9600bps・19200bps
有線伝送距離約1000m
有線通信同期方式調歩同期方式(非同期式)
有線通信制御方式ポーリングセレクション方式(半二重モード)
有線伝送モードModbus RTU準拠
取付仕様DINレールまたはネジ取り付け
品名 形式 仕様書 取扱説明書 カタログ CADデータ その他
アナログ・接点信号変換器HLR-A4C4仕様書取扱説明書カタログ

お問い合わせ窓口

よく頂くご質問の回答や価格、FAQを公開しています。