工場処理水、管理の手間を省きたい!

生コンを製造・使用する工場では、水質汚濁防止法の規定により排水の処理が必要となります。その為、管理設備が設置され、その貯留水のPH濃度を測定しています。
お客様の管理設備は、約20年前に設置されたもので、中和完了から排水まで自動運転ができる設備でした。

しかし、測定履歴と排水状況は、実際に人が現場の記録計を確認する以外に方法が無く、ご担当者は基準値内の排水記録とともに、記録用紙の残量をほぼ毎日点検しておられました。

お客様が抱えておられた問題・課題

事務所から遠い処理設備のPH記録を確認するために、工場の担当者が
頻繁に足を運ぶ。PH記録計は測定結果を専用紙に印字するタイプなので
記録紙の定期点検も必要。

当社の提案

点検作業の削減と、ペーパーレス化のご提案です。
既存設備はそのままに、LoRa無線機を後付けするだけでOKです。
LoRa無線機は、長距離通信を最大の特徴としており、敷地が広い工場様でも利用可能な簡易無線システムです。

測定値を事務所に送信したデータは、受信機からお客様のPCに履歴保存ができるので、記録用紙不要のペーパーレス管理につながります。
また濃度が基準値を超えた場合は、事務所に警報を送信します。

お問い合わせ窓口

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にどうぞ。