意外な結末… こんなこともあります!?

当社が開発したマイクロ波式水分センサー「ピクノスター」は砂の表面水率を自動計測する製品として、納入実績は2021年7月現在で1300台を超えました。

ところが、1年ほど前にピクノスターを納入した工場様から「試験課が実測した表面水率とセンサーの表示値が合わない!」とお叱りの電話。

現地の実測調整では正確な表示を確認して引き渡したのに何故?サービス担当者が工場へ向かい調査をすることになりました。

お客様が抱えておられた問題・課題

ピクノスターの表面水率表示%の変化をこまめにチェックしているが、同一砂の表面水率を試験課員が実測すると、水分センサーの表示と1%くらい違う。
導入時は正確な表示と思っていたが、これでは確認の目安にもならない!とのクレーム

当社の提案

工場を訪問して状況を伺い、ご担当者は当社から引き渡しを受けてから登録データを変更していないことを確認。
実測調整に問題は無い。センサー電圧も正常に変動しているし、電源電圧も異常無し。
何が悪いのか?センサーと表示器には理論的な理由が見つからない…

そこで、ご担当者と試験課に相談し、センサー表示に違和感を覚えた頃の砂の受け入れ事情を追跡。
結果、その時期から砂の産地が変わり、試験課では管理をしていたものの、砂が変わってから水分センサーは実測調整をしていない事が判明。
早速、実測調整をし直して運転立ち合いを実施。試験課による実測とセンサー表示の誤差は、毎回±0,3%以内であることが確認できました。

お客様からは
「センサーが正確でないと勘違いしたが、砂の管理を正しく反映すれば正確に計測していることが分かった。今後ともよろしく」と言っていただき、ピクノスターの正確さが立証されるとともに、よりお客様の信頼を得るという結果になりました!

導入製品

  • マイクロ波式水分センサー ピクノスター

    自社開発のマイクロ波式水分センサー
    センサー長:100mm及び370mmの2種類
    計量ゲート、貯蔵ビン、計量ベルコンの先端など、プラント設備仕様別に取り付けが可能

    外形寸法 76.3Φ
    重量 100mm:1.5kg 370mm:4.0㎏

お問い合わせ窓口

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にどうぞ。