目視作業による事故を防止!骨材サイロの残量を自動モニタリング

骨材納入業者の方が指定骨材を搬入するたびに、毎回コルゲートサイロに登って内部を目視確認し、投入口まで戻ってベルコンを起動させ、投入した後も再度サイロに登って内部を確認して・・・

搬入してから投入完了までの時間がかかり、さらに高所作業では転落事故につながる可能性があります。

サイロ残量を目視確認する作業の負担を無くし、転落事故も防止するシステムの納入事例をご紹介します。

お客様が抱えておられた問題・課題

骨材サイロ残量の目視確認の手間と、投入完了までの作業の安全確保に不安。
転落事故は発生していないけれど、事故が起こってからでは遅い。
目視による確認作業を無くし、更に骨材サイロの残量を正確に測定して表示することが出来ないか?

当社の提案

監視カメラの映像で骨材残量を確認することができますが、映像では実量が分からないため、測域センサー計測で骨材残量をton表示するシステムをご提案。
各骨材サイロの上部に取り付けたセンサーが、サイロ内部の骨材量変化を自動計測して、グラフィックとton単位の数値で表示します。

導入結果、サイロ残量の目視確認が不要になり、以前はダンプ3台で搬入した場合に、搬入から退出まで30分以上かかっていた作業が15分以内で終了。後続ダンプが引き続き骨材投入ができるか?も、初回投入のドライバーの勘に頼っていたそうですが、残量表示モニターを確認するだけでOKになりました。
「毎回サイロに登って目視確認をしてもらうことが無くなり、事故防止にもなって良かった!」と嬉しいお声を頂戴しました。

お問い合わせ窓口

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にどうぞ。