生コン車の動態管理で運搬コストを削減

運搬90分の範囲に複数の系列工場をお持ちのお客様がありました。

各工場の出荷計画によって、生コン車を配置しながら出荷していましたが

傭車を少なく、自社車両を効率よく稼動させたいというご要望を受けました。

 

お客様が抱えておられた問題・課題

・系列工場から派遣された生コン車のオペレータが、納入先の地理に詳しくない。
・工場外で稼動している生コン車の状況がよく分からない。
・出荷効率を上げるために工場帰着前にタイミングよく製造開始をしたい。
・系列の複数工場で、出荷量の偏りによる生コン車の不稼動時間や傭車台数の
 コスト問題を解消したい。

当社の提案

位置・状態確認と音声通信を1画面で実現ができるGPSシステムをご提案しました。
無線システムは、平時には工場ごとのユーザーコードで運用いただき、系列工場へ派遣された場合は
共通コードで相互通信ができます。
動態管理の大型GPS画面では、地図上に表示された生コン車が、配送中・荷下ろし中などの色別表示や
ランドマークによる荷下ろしポイントまでの誘導、音声通信の他に伝達ミスを防止する伝言メール送信などの
利用しやすい機能を揃えています。
また、当日の追加出荷が発生した場合には、納入先から近い場所順で稼働中の生コン車を利用した配車で
運搬コストを削減することができます。

導入製品

  • 生コン車動態管理システム

    オフィス設備
    GPS画面・無線機本体・指令ターミナル・マイク
    車両設備
    スピーカーマイクセット(携帯ハンディタイプ有り)
    通信仕様
    3G/LTEフルバンド対応
    *最新ソフトを無線機に自動配信
     常に最新バージョンを使えます!

お問い合わせ窓口

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にどうぞ。