砂の表面水率変動をリアルタイムに検出できます

・砂の受け入れ場所が狭くて、表面水率が安定するまで保存していられない。

・出荷量が多くて、受け入れした砂をすぐに使わざるを得ないことがある。

こんな時に急激に変化する砂の表面水率を検出して、製造出荷する生コンクリートの品質維持を実現します。

お客様が抱えておられた問題・課題

工場設備の砂貯蔵スペースが狭いので、骨材受け入れ後にすぐに使用することが多い。
試験課が表面水率を報告してくれるけど、想定以上の変動でミスバッチが発生する。

当社の提案

水分センサーのピクノスターは、砂の表面水率を自動測定ができます。
スランプ管理装置のSL-7000α(30型)に接続して使用すれば、計量直前の砂の表面水率を操作盤に送信することもできます。

導入製品

  • 水分センサー ピクノスター

    温度補正機能搭載で外部の影響を受けにくいです。
    センサー外装は耐圧性セラミック及び、耐圧強化表面加工を施したステンレスケースから出来ており、耐圧性及び耐久性を十分考慮しております。

お問い合わせ窓口

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にどうぞ。

関連事例